2006年03月20日

一緒に写ろう!

「親力」で決まる!「親力」で決まる!前から気になっていた教育書を読みました。ようちゃんにはかなり早いんだけどね(^^)ゞ メルマガに連載されているものをまとめた本らしいのでとても読みやすく、一気に読めます。

内容的には学校に行くようになってからのほうが役立つんだけど、一つこれは今からじゃないと遅いのでご紹介。

●親力39 一緒に写った写真が愛を伝える

「子供に思い出を残してやるため、子供に親の愛情を伝えるために一緒に写真に写りましょう」
具体的にはイベントや節目では必ず家族で、また、おじいちゃんやおばあちゃん、親戚や友達と一緒に写真を撮って思い出を残しましょう、ということです。

なるほど、ようちゃんが一人で写っている写真はようちゃんにとって記録であって思い出にはならないんですねぇ。大きくなって写真を見たとき一緒にパパやママが写っていれば私たちの今の幸せや喜びが伝わりやすいですよねわーい(嬉しい顔)

今まではどちらかというとようちゃん一人の写真が多いので、これからはできるだけパパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に写真を撮ろうと思いました。
posted by ぴー at 22:55| 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | 4ヶ月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なあるほど!そういわれてみればそう。私も子供たちだけの写真ばっかり撮ることに夢中になってました。これからは毎日化粧しとかんと、、、。(笑)
Posted by たける at 2006年03月21日 10:14
なるほど!確かに、一緒に写ってたほうが思い出にもなるしいいですよね♪産後太りの体を残したくない!とか言って、うちも息子だけ撮ってました。(;^_^A
Posted by ねここ at 2006年03月22日 10:41
その通りですね。
はっ!!としましたよ。
私と一緒に娘が写ってる写真なんてほとんどないんじゃないかしら。
そういえば自分のアルバム見ても、母と一緒に写ってるの見ると感慨深い。
あなたも若かったのねぇ。。。なんて。
Posted by そらまめ at 2006年03月26日 00:55
お久しぶりです。いつもお邪魔しているのですがコメントまで残せなくって^^;ゴメンナサイ。
実はアタシも自分の体型を気にしてmisakiの記録写真になってました。
ちゃんと思い出残さないとね^^

(トラックバックさせていただきます)


Posted by ねーちゃん at 2006年03月26日 23:49
>たけるさん、化粧はいらんでしょう(^^)
まだまだ、すっぴんで大丈夫よ♪

>ねここさん
そうそう、私もあまり写ってなくて・・・。旦那さんとのツーショット写真は結構あるんですよ。
「ママとの写真」を是非残しましょう

>そらまめさん
そうなんですよ。私も自分の母との写真があまりなくて小学生くらいのがやっとあるんです。
それでもかなり若いなぁって感じです。
私なんてすでにかなりの年齢なのでせめて少しでも若いときに一緒に写らねばと思ってしまいました(^^)ゞ

>ねーちゃんさん、ども(^^)
そうそう思い出になるような何かの記念のときでいいかなと・・・。ウチの場合は次は初節句かなぁ。
Posted by ぴ〜。 at 2006年03月27日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

記録と思い出
Excerpt: ぴ〜。さんのブログ見てなるほど納得したよ〜 今までmisakiだけの写真ばっかりだった。 パパもママもどちらかと言うと写真に写るの苦手なほうだから でもちゃんと思い出残してあげないとね、 (,,-_..
Weblog: 日々笑い薫る
Tracked: 2006-03-27 01:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。